商品企画をしていて…

こんにちは!
川田紙工の新入社員 こばやしです。

今週からどっと冷え込んできました。
秋の最後に先週の日曜日、紅葉を見に箕面大滝と六個山に行ってきました。

箕面大滝名物の紅葉天ぷらです。

左端に写っているもみじ、実は食べられるんです。
もみじの天ぷらというらしく、はじめてみたときは衝撃的すぎて、揚げているおじさんに「食べられるんですか!」と聞いてしまいました。
食べてみると、かりんとうみたいな味でほんのり苦みも感じました。桜餅の葉っぱに似た苦みです。

滝までのルートにレトロな本屋さんがあったり、りんご飴やかすてらの屋台があったりして、滝を見る前から満たされました。
山は今年から登っているのですが、秋の山は落ち葉がふかふかしているので一番好きになりそうです。

箕面大滝の紅葉が見頃できれいでした。

さて、川田紙工では今期から月に一回、社員全員が商品を企画し、発表、意見を出し合い、選ばれたものを製品化する取り組みを行っています。
わたしは社内では主に広報と図面作成とサンプルパッケージの製作をしているので、商品企画でも他の課から依頼があれば図面の作成とサンプルカットをしています。

最近、その依頼が増えてきました。
純粋にいつもよりみなさんとお話しできるのでたのしいです。
幅や奥行きなど寸法表示した図面をお渡しして、修正箇所があればそこに書き込んでもらうという形でやり取りをしています。

これまで寸法を入れるときは、ぱっと全体を見たときにきれいな入れ方(定番の書き方)をなにも疑わずやってきたのですが、先輩がその図面を見ながら話すときに該当の寸法を探してらっしゃったので、思っているよりその書き出し方はわかりにくいのではないかと気づきました。
最終的に出すものはきれいに整っている図面がいいですが、製作途中では修正箇所や気になるところなど知りたい情報が見やすい方がいいと考え、いまはそういった図面にしています。

小さなことですが、なにも考えず当たり前にやっていることでも本当にそれでいいのかという問いかけを忘れずやっていきたいです。

六個山の頂上での景色です。



閉じる

CONTACT

お問い合わせ パッケージや紙器に関する質問やご相談など、まずはお気軽にご相談ください。

TEL.06-6910-5751

お問い合わせフォーム

ORDER

オリジナル紙製品
仮発注フォーム
オリジナル紙製品をご検討いただきまして誠にありがとうございます。まずはお気軽にご相談ください。

仮発注フォーム